読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらノマドと食べ歩き

28歳女ノマド。Webライターとヨガインストラクターしながらゆる~く暮らしています。

医者の友達に聞いた。『ケトン体ダイエット』で成功する方法

久しぶりにあった医者の知人(35歳)が痩せていました!しかも、げっそりしてない。肌ツヤも良い感じ。まさに「若返った!」と感じさせる変化でした。

 

興奮ぎみに何があったのと思って聞いてみたら「ケトン体ダイエット」をしたとのこと。これは気になると思い、その話を参考にしつつ自分でも調べてまとめてみました。

f:id:nanac-yu:20170301232827j:plain

 

ケトン体ダイエット。海外では、ケトジェニックダイエットとも呼ばれているようです。簡単に言えば「糖質制限」をすることで体脂肪の燃焼を促すというもの。

 

ロバート・アトキンス博士という方が考案した方法なのでそれなりに根拠がありそう。(医師や博士が考えたダイエット方法の方が、信頼ありますよね)

  

ケトン体は、肝臓で作られる“アセト酢酸とβ-ヒドロキシ酪酸”という物質で、糖が足りなくなったときにエネルギーとなります。

 

 通常私たちは、糖質をエネルギーとして脳や身体を動かしていますが、摂取する糖質を制限することで、エネルギーの補給先が変わります。糖が無い!それならケトン体を使おう!ということになるのですね。

 

ケトン体が使われると何が良いのか。ズバリ「脂肪が燃えます!」

 

 最初の2週間で身体が進化する

2週間ほど完全に糖質制限をすることで、身体から糖が足りなくなりエネルギー源がケトン体に移行します。

 

まずは1日20g以下にしましょう。20gというのはバナナ1本分以下。20gというのは、調味料に含まれる糖質だけで簡単に超えてしまいます。

 

だからこの2週間が地獄らしい!!!!!

2週間を終えると身体は楽になりますが、この変化をしているときがとにかく辛かったそうです。

 

でも異常には焦らないでOK。ぼーっとしたり、イライラしたりといった異常は変化中の証し。身体の中の仕組みが変わるわけですから、そりゃあそうだという感じ。誰にでも起こることだということを知っておくと、何かやばいぞ?と感じたときにも冷静に対処できそうですね。

   

 2週間の食事内容はコレ

脂質をきちんと摂取することでケトン体が作られやすくなります。少ないとケトン体ダイエットの失敗要因になるので要注意。しっかり脂質を摂取しましょう。

 

★ケトン体ダイエットの食事内容

 

1、葉野菜、きのこ類、海藻類

レタス、キャベツ、ブロッコリー、ほうれん草、小松菜、もやし、モロヘイヤ、ニラ、チンゲン菜などの葉野菜を積極的に食べましょう!きのこ類、海藻類も制限なく食べてOK

 

ドレッシングに注意

健康に良さそうなノンオイルドレッシングでも糖質がたっぷり。基本はオリーブオイルやなたね油、えごま油、亜麻仁油などと塩こしょうで食べましょう。甘いですがココナッツオイルでも大丈夫です。

 

2、肉、魚、卵

糖質がほとんど含まれておらず、タンパク質と脂質が豊富な食材です。これも気にせず食べて大丈夫。血管にも良い良質な油が含まれる青魚は特におすすめです。

 

調理法が難しい・・・

糖質が含まれている調味料はたくさん。ケトン体ダイエットをして意識をすると、こんなに砂糖だらけだったのかと驚くそうです。みりんやポン酢とかにもたくさん含まれていますよ。

なので基本は野菜と同様に良質なオイルと塩とこしょう、それからスパイスなどで味付けしましょう。

 

3、チーズを味方に

糖質が含まれているものもありますが、基本的には少ない食材。効率良く脂質も摂取できますし、デザート感覚でも食べられます。

  

★食べてはいけない食材

 ケトン体ダイエットで食べてはいけないものは以下の通り。

 

主食(米、パン、そば、うどなど)

根菜(大根、かぼちゃ、蓮根、さつまいも、じゃがいも、にんじん、ごぼうなど)

→糖質が含まれています!

牛乳、豆乳、ヨーグルト

加工食品

→ハムやソーセージは当然のこと。魚の缶詰なども注意しましょう。

 

・・・うぅたくさんある。つまりは葉野菜と肉・魚・卵を中心に食べる食事を意識していれば良いんですけどね。

 

2週間を終えたら糖質解禁!

地獄のような2週間を終えたら糖質を解禁します。とはいえ、一気に増やすのはもちろんダメ!身体も驚きますし、この2週間の努力が水の泡になってしまいます。

 

とにかく少しずつ少しずつ。根菜をサラダにプラス、りんごを半分。そんな程度から始めましょう。この時点で自分には糖質はさほど必要ないと感じる方もいるようです。その時は、無理に糖質の摂取量を増やす必要はありません。

 

 

糖質のバカ食いを辞める!

ケトン体ダイエットを始めると、いかに毎日糖質を摂取していたかということに気づかされるそう。そして体重がおもしろいほどに落ちていくんだとか!!そりゃもう簡単に。

 

これを一度経験したら、糖質を大量に摂る生活には戻れなくなるのではないでしょうか。厳しい2週間の制限を終えたら徐々に戻していきますが、夕飯の主食は抜く、スイーツは特別な時以外食べない、調味料の量を減らすといったことを習慣にしていきましょう。

 

そうすれば「ダイエットに成功した人」で終わらず、「長年変わらずスリムで美しい人」になることができると思います。

 

私も始めてみようかな。いや、無理かも。